広島県釣りインストラクター連絡機構(JOFI広島)は
URLが変更になりました。新しいURLに移動します。
自動で切り替わらない場合はhttp://jofi.boy.jpをクリックしてください。

2018-07-05

マコガレイ稚魚放流
2018観音マリーナ海浜公園


日時 平成30年7月4日(水)9時~11時

放流場所 広島市西区 観音マリーナ海浜公園

放流稚魚 マコガレイ4,000匹(平均全長約55.2㎜、平均体重2.3g)

主催 (公財)日本釣振興会広島県支部

協力 広島県釣りインストラクター連絡協議会

参加者 小池氏、佐々木氏、太田氏、中木氏、富樫氏、村上氏、倉本氏、平田氏、三角氏、重村氏、糸原氏,一般の方から4名特別参加,以上15名


内容
前日から降り続いていた雨が午前7時過ぎ止んでくれた。しかし、台風7号の影響でやや強い風が吹いている。前日からどうするこうする・・・色々と話もあった。しかし、スケジュール通り雨天決行とした。

午前9時前に現着し、観音マリーナ海浜公園内に車を乗り入れる認可を受けて海岸近くに行くと、砂浜前の石段に波が当り飛沫が上がっていた。しかし、護岸近辺に打ち寄せる波は穏やかで、園児による稚魚放流は可能かもしれないが、広島市には依然と大雨警報が継続中になっていた。


そうこうしていると副園長さんが下見に来られ園長と相談した結果、止む無く園児の稚魚放流は中止となった。ただ、今週はじめから園児たちは、放流するマコガレイのことで盛り上がっていたそうで、園児たちにマコガレイを見せたいので、数匹程度持ち帰りたいという要望があり、稚魚を入れた袋に酸素を入れ持ち帰ってもらった。


9時30分から小池広島県支部長より放流についての挨拶があり、海岸までの通路清掃を行った。台風の影響で多くの浮遊物が流れ着いていた。海岸辺に流れ藻があると、放流した際に稚魚が入り込むので除去したが、次から次へと押し寄せる波でなかなか綺麗にはならなかった。
清掃が一段落した後、稚魚をいれたバケツを前に集合写真!イベント型稚魚放流?となった。


このたびは、海浜公園を管理している方や近くを散歩中の方、犬を散歩中の方などにも協力をしてもらい放流を完了。再度、放流横断幕を前に記念撮影・・・。後片付け後、7月6日の放流について打ち合わせ、いろいろと持ち込む必需品の確認と、乗り合わせて行くフェリー時間を確認後、レクトのフードコートへ行き、昼食後解散した。

報告者:太田博文氏

コメントは許可されていません。