広島県釣りインストラクター連絡機構(JOFI広島)は
URLが変更になりました。新しいURLに移動します。
自動で切り替わらない場合はhttp://jofi.boy.jpをクリックしてください。

2018-07-07

マコガレイ稚魚放流
in長瀬海水浴場(江田島市)


日時 平成30年7月6日(金)10時~11時

場所 江田島市 長瀬海水浴場(ヒューマンビーチ長瀬)

放流稚魚 マコガレイ4,000匹(平均全長55.2mm、平均体重2.7g)

主催 (公財)日本釣振興会広島県支部

協力 広島県釣りインストラクター連絡機構

参加者 明岳(あきおか)周作江田島市長、江田島市職員、平口洋衆議院議員、平口氏秘書、小池氏、佐々木氏、太田氏、中木氏、富樫氏、村上氏、平田氏、三角氏、和田氏、重村氏、糸原氏、現地の親子2組6名、合計30名以上


内容
梅雨末期の大雨が、稚魚放流を楽しみにしていた50名の児童の期待を砕いてしまった。この日は江田島市に大雨警報が発令されたため、小学校は休校となってしまった。しかし、水温が高くなるこの時期は、マコガレイ稚魚放流のタイミングとしては限界。そのため、スケジュール通り雨天決行とした。

早朝に起床し、広島港6時55分発三高行のフェリーに二台の車両と7名が先発した。フェリー内で遅めの朝食を食べながら打ち合わせ。その最中も雨がザーザーと降っている。午前8時前、会場の駐車場に到着。まず、2ヶ所の入口に2本幟を立て、会場設営に取りかかった。江田島市のご厚意で「シーサイド温泉のうみ」のかき小屋を本部会場に使わせていただいた。このたびは、昨年に引き続きのマコガレイ放流のため、江田島市の協力は最大級の扱いとなった!

大雨警報発令中で、江田島市立中町小学校生徒46名と先生4名の計50名の参加は得られなかったが、江田島市の職員さんに「釣りの教本」を託し児童に渡してもらうよう依頼をした。


午前10時前、明岳江田島市長到着、その10分後に平口顧問到着。太田役員が司会進行し、はじめに平口顧問、続いて明岳江田島市長より挨拶があった。下松市からマコガレイを運んでいただいた糸原職員よりマコガレイの生態のお話をしていただき、小池広島県支部長の挨拶後、集合写真を撮影した。
マコガレイの稚魚をバケツに小分けし、海岸沿いに並び、顧問、市長を中心に一斉放流をはじめた。近隣に住む親子二組は、小さなバケツに入れてもらい、丁寧に優しく放流されていた。


海岸の清掃は、とても綺麗な状況で、雨足も徐々に強くなる予報であったため中止とした。放流終了後、平口顧問にも同行してもらい、近くの食堂で昼食をとり、三高港からフェリーで広島港まで帰り解散した。

報告者 太田博文氏

コメントは許可されていません。