ハゼ釣り親子です。

 「太田川親子ハゼ釣り大会」5日、広島市西区の太田川放水路河川敷であった。

中国放送(広島市中区)が、昨年10月の釣りの携帯サイト開設をきっかけに初めて開いた。
抽選で参加した家族100組は、ハゼがかかるたびに歓声を上げていた。
釣り上げたハゼは大会本部で大きさや重さを測り、大物を釣った親子の表彰もあった。

家族で30匹以上を釣った牛田新町小3年山根弘毅君(8)は「雨が降ったのが残念だったけど、たくさん釣れて楽しかった」と笑顔だった。

2008年10月6日 中国新聞朝刊

事業名 海底清掃・海辺清掃活動

実施日時 平成20年10月4日(土)10:30〜12:30

実施場所 周防大島町沖家室漁港と駐車場付近

参加者(全20名 内ダイバー9名、監視船3名)
日本釣振興会中国地区支部、NPO法人自然と釣りのネットワーク、ダイビングクラブ・シーライオン(周防大島町)、山口県釣り団体協議会、山口県釣りインストラクター連絡機構

活動内容
 10:30〜 作業計画確認
 11:00〜12:00 海底清掃作業及び陸上清掃作業
 12:00〜12:30 ゴミの分別及び後片付け

0810043.jpg0810042.jpg0810041.jpg

ゴミの量と種類等
陸上のゴミ(20袋)
・缶とペットボトルが多く、その他にはワンカップのビン、乾電池、ライター、焼き網があった。
海中のゴミ(20袋)
・釣り竿、撒き餌カゴ、缶が多かった。
・携帯電話、塗料缶、バケツ、竿立てもあがった。
・袋に入らなかったものでは、編み機、椅子などがあがった。

感想等
・ダイバーの話では海水は予想よりもきれいだそうです。
・ダイビング前に駐在さんから釣り人に声をかけていただいたので、とても協力的であった。
・海中でダイバーが大きなエイに遭遇したそうである。(柳原注:以前から港内でよく見かけられたナルトビエイと思われる。)

記録日時 平成20年10月4日
記録者 柳原好宏

SSFCなんちゃってじょうほう【9月号】です。

内容は以下のファイルからご覧になれます。
SSFCなんちゃってじょうほう【9月号】.doc

(提供 和田啓治)

山手橋上流・左岸。

10〜15cm程度ですが、ハゼが好調です。
群れを探して釣るのがポイント。入れ食いも。

手前に捨て石があるので、15m程度投げると良いです。
川の流れがあるので、オモリは10号程度がお勧め。

by 藤本(繁)

SSFCなんちゃってじょうほう【8月号】です。

内容は以下のファイルからご覧になれます。
「SSFCなんちゃってじょうほう【8月号】」.doc

(提供 和田啓治)

0808233.jpg0808231.jpg0808232.jpg

実施日時 平成20年8月23日(土)9:30〜12:00

実施場所 下松市州鼻海岸(笠戸大橋下)

参加者
(財) 日本釣振興会中国地区支部会員
愛隣幼児学園園児20名
平田保育園園児20名
子育て支援センターあいりん及びくだまつ親子60名
山口県釣り団体協議会会員
山口県釣りインストラクター連絡機構会員

活動内容
[対象稚魚] 黒鯛約7,000匹

[プログラム]
9:30   全員現地集合(稚魚運搬車も到着)
9:30〜9:45 開会行事
 岡村晴義 山口県釣り団体協議会会長 挨拶
 井川成正 下松市長 挨拶
 藤井律子 日本釣振興会山口県支部顧問(山口県議会議員) 挨拶
 驛 忠雄 日本釣振興会中国地区支部事務局長 挨拶
9:45〜10:15 海岸清掃(園児・親子・会員)
10:15〜11:15 園児・親子稚魚放流(バケツ放流)
11:30 集合写真撮影
12:00 現地解散

[主催]
(財) 日本釣振興会中国地区支部
山口県釣り団体協議会
山口県釣りインストラクター連絡機構

[後援] 山口県

[報告]
・今回が3年目で、準備・進行ともスムーズにできた。
・海岸のゴミは流木を除いて40袋集まった。
・今回は参加者が多かったのでホース放流は行わず全てバケツで放流した。
・曇天で風があったのでとても過ごしやすかった。

記録者 柳原好宏

沖家室漁港のスロープを利用してミニボート等で釣りに出られる方を多く見かけるようになりましたので、周防大島町役場に問い合わせましたところ、次の通り回答をいただきましたので参考にしてください。

平成20年7月23日付で周防大島町役場水産課に提出した質問
1 周防大島町内でミニボート等を海に降ろすためにスロープを利用できる漁港がありますか?
2 遊漁者がスロープを利用するためには、どのような手続きが必要ですか?

平成20年8月20日付の回答
1 ミニボートを降ろすためにスロープを利用できる漁港の有無
 質問のスロープについては、漁港施設内の船揚場のことと理解し回答いたします。

この船揚場施設については、漁業者の所有する漁船を修理・整備する場合に陸揚げする施設であり、地元漁協において漁業者間の利用調整を行い利用しているのが現状です。

このため、船揚場施設を利用したい場合は、直接漁協へお問合せしていただきますようお願いします。

2 遊漁者がスロープを利用するために必要な手続き
船揚場施設の利用については、漁協との調整により支障がない場合に、漁港管理者である町長に利用の届けを提出していただくことになります。
様式等については、周防大島町役場水産課にお問合せ下さい。

報告者 柳原好宏 

7月31日(木)「子ども釣り教室」は、日浦公民館・安佐公民館・日浦児童館の共催事業として、広島県釣りインストラクター連絡機構の協力で開催しました。

内容は以下のファイルから見ることができます。
「20080731子ども釣り教室.pdf」

島根県吉賀町を水源として益田市の日本海に注ぐ高津川が、国土交通省の2007年水質調査で2年連続の日本一に選ばれ、地元関係者に喜びが広がっている。

高津川の水源とされる吉賀町の「一本杉の湧水(ゆうすい)」は環境省の平成の名水百選にも選ばれ、毎年6月に雨乞(あまご)い神事が開かれる。中谷勝町長(63)は「自然に根差した暮らしの素晴らしさを再認識している」と2年連続の栄誉を喜ぶ。

高津川を生かしたまちづくりに取り組む特定非営利活動法人(NPO法人)アンダンテ21の吉田篤志理事長(54)は「県外からも多くの観光客に訪れてもらえるよう、さらに情報発信を進めたい」と意気込む。

特産アユの知名度アップに期待するのは高津川漁協の喜島仁組合長(63)。「農林業の関係者とも協力し、農産物や木材とともにブランド確立を図る」と話す。

2008年8月14日中国新聞

0808031.jpg0808033.jpg0808032.jpg

実施日時 平成20年8月3日(日)10:00〜12:00

実施場所 山口県周南市 徳山海上保安部

活動内容
10:00 開会行事、山口県磯釣連合会会長あいさつ
 研修
 ・海上保安庁の役割と活動(ビデオ)
 ・ライフジャケットの正しい着用(ビデオ)
 実技
 ・クレーンによる吊り上げ体験
 救助訓練
 ・潜水隊員海中転落
 ・六管本部(広島市)のヘリコプターによる吊り上げ救助
 閉会行事
  救難警備課長講評
12:00終了 解散

[感想等]
・ハーネスによる吊り上げ時にはしっかり腕を組んで脇をしめておかないと体が痛い。
・吊り上げ訓練は足場のしっかりしたところでおこなったが、実際の磯ではしっかり足を踏ん張っていないとヘリコプターの風圧がすごい。
・ヘリコプターによる救助訓練の時、海水が舞い上がって、遠くから見ていたのに眼鏡が曇って見えにくくなった。

記録者 柳原好宏