日時:平成28年7月18日(月・祝)

場所:広島市安佐北区大字今井田 柳瀬キャンプ場前の河原

主催:亀山南学区自治会連絡協議会、亀山南学区ニミュニテイ交流協議会

協賛:太田川漁業協同組合

協力:公益財団法人日本釣振興会広島県支部、広島県釣りインストラクター連絡協議会

IMG_2276

IMG_2277

IMG_2279

安佐北区柳瀬キャンプ場前の河原にて、亀山南学区が中心となった『鮎祭り』が開催された。
8時30分、主催者代表より挨拶後、JOFI広島・太田副会長より、河原における注意事項「本流には行かない」「保護者が絶えず見守る」「たとえ大きな石でもバランスが悪く、動く場合があるので一歩一歩確かめて歩く」等話した。また、夏休みに入り海水浴場などに行く際は、離岸流に気を付けるよう、離岸流の仕組みと、離岸流で沖に流された際の対処方法も話した。

開会式後に記念撮影。児童と保護者で合計150名の参加者に対し役員50名の体制で『鮎祭り』をスタート。JOFI広島メンバーは、鮎のつかみ取りの待ち時間に、ハヤ釣り教室を60分10名単位の交代で開催した。

IMG_2280

IMG_2282

IMG_2283

佐々木会長が用意した撒き餌は、早朝6時頃から撒いていたので、小魚も大きな鯉も岸辺近くまで寄っていた。(公財)日本釣振興会の協力により、集まった受講生に救命胴衣を着せ、竿の扱いを説明、エサの付け方から振り込み方法までじっくり指導した。その後受講生自ら、竿を振ってエサをポイントに入れ釣りを開始した。はじめての子は、なかなか思うように振り込めなかったが、熱心に指導した結果、どうにかできるようになった。

釣果は、ドンドン釣れるということにはならなかったが、ポロポロと竿が曲がった。一番の大物は、数匹たむろしていた色鯉の内の一匹。ハヤ釣り用の竿のため取り込めなかったが、その影響で近くまで寄っていた鯉が少し離れて泳ぐようになり、ようやくハヤが釣れ始めた。

IMG_2285

IMG_2287

IMG_2291

真夏の暑い日差しの下の講義は、講師陣も疲労困憊するので、60分2回交代で釣り教室を行った。当日は、簡易テントの影から離れにくくなるような日差しだったが、それでも講師陣は熱心に指導し、20名の参加者全員が、釣りを生涯の趣味としてくれることを念願し教室を終了した。

JOFI広島参加メンバー:佐々木氏、太田氏、田邊氏、中木氏、平田氏、富樫氏

報告者:太田博文氏

日時 平成28年7月16日(土)

会場 宮島南西部の海岸,内革篭・養父崎浦

主催 広島県

共催 廿日市市

協力 NPO法人SALEN,他

IMG_2257

IMG_2262

IMG_2263

広島県主催,廿日市市共催のこの行事は、6グループのプロジェクトに分けられ、私が参加したプロジェクト5は、宮島南部海岸クリーンアップ作戦で宮島南西部の海岸、内革篭と養父崎浦の2箇所を26名で休憩を含め約3時間かけて行った。

遠目には美しい宮島の海岸も、近づいて見るとたくさんのゴミが漂着していた。9時40分のチャーター・フェリーに乗り、包みヶ浦で漁船に乗り換え現地に到着、更に小型ボートで砂浜から上陸し、猛暑の中、回収作業に汗を流した。

IMG_2268

IMG_2270

IMG_2271

発砲スチロール、ペットボトル、カキ筏用パイプ、空缶、ビン、タイヤ等たくさんのゴミを回収し分別、指定場所に保管し、再び漁船とボートに乗り帰路につき宮島桟橋で解散した。後日、このゴミは大型ゴミ運搬船で回収された。

当日の参加者数は、6プロジェクト全体で700名余りで、宮島南海岸を清掃。世界遺産宮島だけではなく、一人一人がマナーを守り、より美しい日本を造りたいものである。三連休の初日だったこの日の桟橋は、観光客でごった返していた。久しぶりに瀬戸内海の美しさを満喫した清掃活動であった。

報告者:佐々木晃二郎氏

日時 平成28年7月3日(日)8時~12時 晴れ

場所 広島市安佐北区可部町今井田
   柳瀬キャンプ場太田川河川敷左岸

参加者 親子12組,大人20名,小人25名,スタッフ2名,講師4名 計51名

参加料 200円(エサ代),釣り具一式貸与

対象魚 オイカワ,カワムツ他

主催 (公財)広島市文化財団 佐東公民館

協賛 広島県釣りインストラクター連絡機構,(公財)日本釣振興会広島県支部

講師 中木正巳氏,平田洋司氏,富樫雅司氏,佐々木晃二郎氏

IMG_2221IMG_2206

IMG_2225

内容
数日前から降り続いた雨の影響により河川が増水し、釣り場の安全確保が心配されたが、三上館長さんが広範囲に草刈りをされた上に、幸いに水も引き、釣り場も安全と判断し開催することにした。
当日は天候にも恵まれ、スタッフは早めに集まり釣り場のポイントに集魚剤(マキエ)をダンゴ状にし投入しておき、道具を運び準備をした。

本部受付に幟を立て、8時30分より受付を開始、12組揃ったところで教室を開始した。
黒岩主事の司会進行により、三上館長の開会挨拶、講師の紹介、注意事項等の説明があった。続いて講師による本日釣る対象魚のオイカワやカワムツを写真で見てもらい、釣り道具の取り扱い方やエサの付け方、ポイントへの投げ方等の説明があった。

IMG_2229

IMG_2233

IMG_2238

4班に編成し、班ごとに一人インストラクターを付け釣り場へ移動。一家族に竿を2本渡し、準備のできた組から順次実釣に入る。マキエの効果が遅いのか、魚が少ないのか出だしはあまり釣れなかった。徐々にマキエの効果が出始めたのか、色とりどりの大きな鯉が集まり始め、カワムツやオイカワが釣れはじめた。親子仲良く釣れたハヤに歓声を上げ、写真撮影に興じていた。ほとんどの家族が釣ることができ、11時30分納竿とし、後片付けをする。

本部へ帰る途中、釣り場周辺のごみを拾い、事前に渡したごみ袋に入れて本部に持ち帰る。館長さんの閉会の挨拶、中木講師の講評のあと集合写真を撮影し現地解散とした。猛暑の中、何事もなく無事終了したことを報告します。

報告者:佐々木晃二郎氏

IMG_2241

IMG_2243

IMG_2249

IMGP2178

日時 平成28年5月11日(水)
   18:30〜受付開始(年会費受付) 19:00〜通常会員総会

場所 広島市祇園公民館 第1会議室
    広島市安佐南区西原1-13-26 ℡082-874-5181

1.開会の言葉
2.出席者報告 出席:19名 うち委任状:9名(会員数28名)
3.会長挨拶  
4.議長選出  
5.議  事
議題
第1号議案 平成27年度事業報告について
 第2号議案 平成27年度収支決算報告について
 第3号議案 平成27年度収支決算監査報告について
 第4号議案 平成28年度会長選出について
 第5号議案 平成28年度監事選出について
 第6号議案 平成28年度事業計画(案)について
 第7号議案 平成28年度収支予算(案)について
 第8号議案 その他

6.議長解任
7.閉会の挨拶
8.事務局連絡
9.記念写真撮影

日程 平成27年11月1日(日)

会場 似島(広島市南区)

主催 似島臨海少年自然の家

11月1(日)、広島湾に浮かぶ似島において、似島臨海少年自然の家主催の初心者ファミリーフィッシングが開催された。この日は雨がパラつく予報もあってか、多少のキャンセルがあったものの総勢120名の参加者があった。肌寒いながらも雨の降らない天候であった。
スタッフは(公財)日本釣振興会広島県支部長の小池勝氏をはじめ、海釣りに長けた総勢9名のスタッフが講師を務めた。

001

002

003

開会式のあとグラウンドにて釣り方や仕掛けの準備の指導を行い、期待に思いを馳せながらそれぞれの場所に散って行った。毒魚、根掛かり、仕掛け切れなどと奮闘しながらも家族で協力しあったり、子供たちが父親に釣りの指導をするなど、参加家族の絆がどんどん深まっていく姿に頬がゆるんだ。

004

005

006

さて釣果は、全体的に良型のキス・ベラをはじめチャリコ(マダイの稚魚)など数が出たようだ。私がウロついていた周辺のポイントでは満潮時刻を過ぎた辺りで時合に入ったのか、34cmを筆頭に30cmクラス2尾を含む5尾が立て続けに釣れて歓声が響いた。しかも母娘で参加の親子が4尾(1尾は抜き上げ中にハリス切れポチャン)も釣り上げた。

007

008

納竿時刻を迎えてさっそく表彰式、そしてお楽しみの抽選会が始まり、これまた一喜一憂の時間が過ぎ、事故もなく無事にイベントを終了することができた。
事故なし、釣果あり、笑顔あり…3拍子揃ったイベントだった。また来年もたくさんの笑顔に再会できることを願う。

報告者:藤本繁樹氏

IMGP2138

IMGP2144

IMGP2149

12月5日(土)~6日(日)に山口県周南市で開催された公認釣りインストラクターの講習会に、JOFI広島より佐々木会長をはじめ太田副会長、中木氏、柳原氏、そしてサーフより小池勝氏の五名が講師として招聘された。柳原氏は周防大島出身でJOFI山口にも在籍、このたびはじめて山口県で資格試験が開催されるにあたりご尽力された。

一日目、午前9時よりJOFI山口・岡村会長から挨拶があり講義がはじまった。参加者は18名で,地元の山口県をはじめ広島県、遠くは熊本県からも受講者があった。

1時限目の一般教養、釣り文化・歴史・釣具の知識を柳原氏(JOFI山口)が担当、2時限目は釣り理論と技術・環境部門の海水・投げ釣り・堤防釣りを小池氏が担当、3時限目釣り理論と技術・環境部門の淡水・流水の釣りを太田氏(JOFI広島)が担当した。
4・5時限目の漁業関係法令は、山口県水産振興課・向井氏が担当した。6時限目は、釣り理論と技術・環境部門の海水・船釣りを佐々木会長(JOFI広島)が担当した。7時限目は、釣り理論と技術・環境部門の淡水・止水の釣りを再度太田氏が担当した。

二日目、1時限目は、安全教育で釣りの事故防止対策・気象・海象を徳山海上保安警備救難課の職員が担当、2時限目釣り理論と技術・環境部門のルアー・フライの釣りを中木氏(JOFI広島)が担当、実際の竿リールを使い講義があった。3時限目は、山口県釣り団体協議会の玉木氏から釣り理論と技術・環境部門の海水・磯釣りの講義があった。

昼食休憩前に岡村会長より公認釣りインストラクターの心得と資格試験について説明があった。小論文は、「釣り場の環境」「公認釣りインストラクターとしてどのように指導するか」のいずれかを原稿用紙2枚、面接後、実技は針結びかライン結束のどちらかを選択するようにと説明があった。午後からの資格試験は、○×試験と小論文、面接、実技試験があり、終了次第解散となった。

10年前に広島市で開催された公認釣りインストラクター講習会および資格試験では講師と試験監督として担当し、このたび二度目のお役目となった。前回は釣りを教えるという技術が未熟であったが、故岡田会長(JOFI広島)の後を引き継いで専門学校において釣り全般を教える機会をいただいたことにより、短い時間でも簡潔に講義することができた。
また、このたび用意された資料は、法令関係を除き以前のものとほぼ見直しがなく、内容についても地域に密着したものでもなく、関東圏を中心とした内容が多かったように感じた。

釣りと自然環境は、日々刻々と変化しており、それにあわせた講義やテキストでなければなりません。内容の不足分は講師が補わなくてはならず、今後も講習会費を徴収するのであれば、毎年資料の見直しをするべきです。今後は一般社団法人全日本釣り団体協議会に善処を望みます。

報告者:太田博文氏

日時 平成27年11月29日(日)8時30分~13時30分

会場 京橋川(中区)の両岸

主催 竹屋地区社会福祉協議会,竹屋母親クラブ

主管 竹屋地区青少年健全育成連絡協議会

共催 竹屋小学校,竹屋小学校PTA

協力 JOFI広島

IMGP2115

IMGP2117

IMGP2119

8時30分竹屋小学校グランドに集合し,参加する子どもたちが使用する多数の投げ釣り用の竿に仕掛けのセットを完了した。
9時30分には小学生80名とその保護者など総勢160名が開会式にのぞんだ。JOFI広島から駆けつけた公認釣りインストラクター6名は受け持ったそれぞれの児童を先導し,全員徒歩で近くの釣り場の京橋川に移動した。

10時20分からヨーイドンで一斉にハゼの投げ釣りを開始。
このたび釣りがはじめての低学年生も多く,釣り糸の結び方,エサ(ゴカイ)のつけ方,投げ方,投げる時の周囲への安全確認,釣り方,釣れた魚の針の外し方などを指導を行った。

IMGP2120

IMGP2127

IMGP2129

楽しい時間はアッという間に過ぎていき12時20分終了,同時に現地で小学生各自が釣ったハゼの検量をはじめた。今年は例年に比べ若干釣果が少なく1人あたり2~20匹とばらつきが見られた。
参加者のなかで小学一年生の男子児童がゲットした胴長35cmのエイが検量台にのせられると,会場からドッと驚きの歓声が上がった。賑やかな中,釣りと検量を終え,竹屋小学校グランドに戻って表彰式と閉会式を行い,13時30分全てのスケジュールを終え解散した。

IMGP2133

IMGP2136

このたびのハゼ釣り大会の盛会に僅かながらJOFI広島がお役に立つことができ幸いであった。

文責 松原松太氏

日時 平成27年11月7日(土)8時~正午

会場 広島観音マリーナホップ内 釣り公園
 
参加者 親子42組

主催 中国放送㈱

協力 広島マリーナホップ
協賛 かめや釣具㈱、カゴメ㈱、キリンビール㈱、クラシエ㈱、東洋水産㈱、山崎製パン㈱
後援 公益財団法人日本釣振興会広島県支部、広島県釣りインストラクター連絡機構

IMG_1112

IMG_1110

20151107_003832769_iOS

早朝7時集合、参加賞の袋詰めなどセッティングをした後、主催者側より挨拶があった。前日夜半より雨がシトシトと降り開催が心配されたが、曇天から青空が少し望める天候になった。
7時30分、参加者が集まったため早めに受付を開始、8時前には8割程度の参加者が集まったが、出がけに降り始めた雨の影響もあったのだろうか、合計42組の親子の参加となった。

約100名の参加者だったので釣り場が混雑するといった状況もなく、ほとんど経験者の方だったので、釣り指導は主にエサを頻繁に確認し、動かなくなったらすぐに交換する指導を行った。
開始早々仕掛けにゴミが付いたと思い、指で取り除こうとした方が、クラゲの触手の毒に刺され痛がっていた。応急措置として、海水で洗った後、患部を冷やす処置を指導したため、大事に至らなかった。こうした事故は最近多く見受けられるようになり、クラゲの足部分だけがゴミのように仕掛けに絡んでいると、だれでも素手で触るだろうと感じた。

20151107_020713049_iOS

IMG_1132

IMG_1137

10時より「周辺のゴミを拾いましょう」とRCC河村アナウンサーからの呼びかけがあると、一斉に周辺のゴミ拾いをはじめた。しかしながら浮桟橋のためゴミらしいゴミもなく早々に釣りに戻った。

11時30分検量開始、グチ、メバル、アジ、ハゼを釣り上げた方々が上位を占めた。なかには対象外のアナゴ4匹釣った方や、サメを釣った方もいた。表彰式では(公財)日本釣振興会中国地区支部顧問の平口洋衆議院議員よりご挨拶をいただき、賞状と賞品授与を行った。JOFI広島・佐々木会長から大物BB賞としてJOFI広島会長賞が贈られた。
最後に水辺感謝の日の横断幕を前にして全員で記念撮影後閉会した。

IMG_1139

IMG_1175

IMG_1189

大会途中にとても残念で寂しい思いをしたことがあった。
11時頃、自前の踏み台に上がりフェンスの隙間から落とし込みをしている老釣師を発見。注意すると「どういう権限で言うのか」「そんなに言うのなら遠投禁止と書いてあるが遠投とは何メーターなのか」といった屁理屈を並べる老釣師。フェンスは危険回避、安全確保のために設置してあると話をしても、自己弁護の主張を繰り返すだけでまったく聞こうとする姿勢が見受けられない。「このような行為が原因で、やっと釣りに開放されたこの場所が、釣り禁止になることがある」と話をしても、「自分には関係ない、面白くないから帰る」と立ち去ったと思いきや、入口のガードマンに八つ当たりをして帰って行った。

近年、港や港周辺が釣り禁止となり釣り場がなくなっていく理由がわかるような気がした。このたびのような屁理屈を捏ねて自己弁護する釣人は、港を管理する側としては二度と来てほしくないと思うことは当然ではないだろうか。周りの参加者からもその老釣師に対し厳しい意見があがったのは言うまでもないこと。

報告:太田博文氏

日時 平成27年11月1日(日) 9時~正午

場所 太田川放水路 河川敷 三滝橋右岸側駐車場付近

参加者 子ども19名,大人18名,公民館スタッフ2名,釣りインストラクター9名,合計48名

主催 (公財)広島市文化財団 祇園公民館
 
協賛 (公財)日本釣振興会広島県支部、広島県釣りインストラクター連絡機構

IMG_0954

IMGP2039

IMG_0960

本部テントを設営する予定だったが、雨が降る直前の風が河川敷を吹き抜けテントが飛ばされる恐れがあったため設置をせず、JR可部線の鉄橋の下に本部を設け、カラーコーンで釣り場の確保を行い参加家族を待った。
JOFI広島前会長の八田氏のお手伝いもあり総勢9名のインストラクターが指導にあたった。待つ間に祇園公民館の方から「このたびの募集は10分程度で募集予定の人数が集まったためお断りするのがたいへんだった」と話があった。

午前9時過ぎ、参加者が揃ったところで、祇園公民館の方から釣り教室のスケジュール等の説明があった。
佐々木会長のハゼ釣り講座では、写真によるハゼの習性のお話や、竿とリールの取り付け方やジェット天秤の取り付け方など仕掛けの説明があった。その後グループ分けをして釣り場に向かい、各インストラクターが仕掛けに餌のゴカイを付け投入する方法を指導した。

IMGP2052

IMG_1048

IMGP2048

このたび釣りがはじめてという方が半数以上おられ、竿の伸ばし方やリールの装着は、はじめの指導でどうにか理解してもらったが、ガイドに道糸を通す際、ベールを上げずにジェット天秤や仕掛けを装着したため竿を振った瞬間に糸切れをするなど根本的な釣具の操作方法を理解できていないと感じられた。そこではじめから丁寧に指導した結果、しばらくするとハゼを釣り上げることができるようになり家族で楽しむ姿がみられるようになった。

しばらくするとほぼ全員に釣果がみられ、良型のハゼもチラホラ混ざっていた。釣りはじめは干潮で水位が低く、ゆっくりリールを巻くと手前の捨て石に仕掛けが絡んでしまうこともあったが、潮が満ちるにつれ捨て石が見えなくなり段々と釣果が上がるようになり歓声も聞こえるようになった。

IMG_1029

IMG_1066

IMG_1070

11時半過ぎに道具仕舞いを指導しながら本部に集合、釣り体験のため順位は付けなかったが、小池広島県支部長からメダルのプレゼントがあった。一番よく釣れた家族は3匹の釣果があり、同匹数の家族が3組いたためジャンケンにより勝った家族にプレゼントされた。

八田前会長からも釣りバッチが多数プレゼントされ「次回の釣行では木の餌箱を購入しゴカイを入れて釣りに行ってください」などゴカイやエサに関する講評があった。

反省点として、申し込みのあった児童には救命胴衣を装着させたが、同行した低学年の子どもたちの分まで用意していなかったため、今後は余分の救命胴衣を用意するような配慮をしてもっと安全意識を高めなくてはならないと感じた。

報告者:太田博文氏

日時 平成27年10月6日(火)7:30~

場所 広島湾

協力 かめや釣具(岡田船長・城内副船長)

参加者 佐々木会長,太田副会長,広島情報ビジネス専門学校・学生6名 合計10名

吉島ボートパークから、かめや釣具・タートル号により出船。稚魚は草津港の桟橋で積み込み、大部分はホースでタンクに移し最後は網を使った。氷も積み込み草津港を出発。下松市栽培漁業センターの糸原氏が手を振りながら見送ってくれた。110日間大切に育てられたキジハタは3000匹。平均全長8.06cm、平均体重9.11g。ポンプでタンクに海水を入れながら目的地に向かった。

IMGP0003

IMGP0005

IMGP0008

天候は晴天だが風が強く少し白い波もたっているなか、左手に能美島右手に大黒神島を見ながら目的地へ向かう。
目的地の灯台周りは波が高く少しうねりもある。撮影のため灯台に上がりカメラを構えたが、船上では(公財)日本釣振興会の稚魚放流の横断幕や幟旗を持つ者、稚魚が入ったバケツを持つ者と、慣れない作業をしていた。何度かバケツ放流を繰り返し、全て放流した後、タンクを洗浄した水を船外に放水したとき、波の影響を受けタンクが海へ落ちてしまった。灯台から見ていると、船も小さく見え、回収にかなり手間取っている姿がみられた。タンクをようやく回収後、灯台に迎えに来てくれた。

IMGP0024

IMGP0038

IMGP0041

このたびのアコウ(キジハタ)放流は、陸釣りだけでなく船釣りの釣り人のためにも放流場所を沖にした。広島湾は浅場だと、底引き網がいたるところで行われるため、せっかく放流した稚魚が一網打尽にされてしまう。それでは放流した効果がないので、岩場で深い場所を選定した。
3年後は40cmを超える良型のアコウが釣れるだろう。それまでは釣り人にもお待ち願いたいものです!

報告:太田博文氏